かため?やわらかめ?

座面の高さが低いローソファーは、床との距離が近く、フローリングと一体化しているようなリラックス感を味わえます。畳文化が浸透している日本人にとっては、床に座って過ごすことも珍しくありません。ローソファーなら、畳やフローリングに座っている人とも目線が近いので、コミュニケーションをとりやすいというメリットがあります。ローソファーで過ごす時間が比較的長いという方は、座り心地がかためのタイプを選ぶとよいでしょう。座面が沈んで腰に負担がかかるのを防げるため、長く座っていても疲れにくいといえます。対して、ふんわりと包み込まれているような安らぎ感を重視する方は、座り心地がやわらかいローソファーをおすすめします。

座面の広さもチェックしよう

ローソファーの座り心地は、座面の広さによっても変わってきます。ベッドのように座面が広いローソファーなら、足をのばして座れますし、ゴロゴロと寝そべることもできるでしょう。ゆったりくつろげるので、休日などがっつり休みたいときにぴったりです。また、小さなお子さんがいる家庭にも向いています。お子さんがソファの上で遊んでいても、座面が広く余裕があるため、ローソファーから落ちて怪我をするリスクが少ないといえます。対して、座面が狭いタイプのローソファーは、座って過ごしたい人におすすめです。ダラダラと寝転がるのを防げるので、メリハリのある生活をおくれるでしょう。加えて、座り心地がかたいと、立ち上がりがしやすいです。

圧迫感がなく部屋が広く感じる、脚を伸ばして座れるのでリラックス度が増す、和洋折衷の洗練されたモダンなインテリアが完成するなど、畳にローソファーを置くと様々なメリットが得られます