カウチ「横たわる」が語源

カウチとは、古いフランス語で「横たわる」という意味。もともと病院で使われることを想定して、患者が横たわれるように作られました。両側に肘掛けがあって椅子のように使う通常のソファとはちがい、シューズロングの上に足まで乗せて、伸ばして座れるのが特徴です。
カウチポテト族という言葉、聞いたことありませんか?ソファの上に寝そべって、ポテトチップをつまむのんびりした様子を表す1980年代の流行語です。この言葉が示すように、カウチソファーとは、一人でも家族でも寝転んでリラックスできる、くつろぎのためのソファーです。
畳文化が根付いた日本では、床の延長のように使えるローソファーを好む人も多く、足を伸ばして座れるカウチタイプは特に、日本人に合ったソファと言えるでしょう。

どんな部屋に適しているの?

もともと緊張をといてくつろぐために作られたソファなので、応接間などよりもプライベートな部屋に適しています。リビングでの家族だんらんのひと時や、一人でゆっくり読書をするプライベート空間などに置くのがいいでしょう。
また足を伸ばせるぶん座面が広く作られているので、より多くのスペースを必要とします。狭めの部屋に置きたいときは、他のインテリアとの兼ね合いやレイアウトも考えて、形やサイズを慎重に選ぶようにしましょう。
応接間には不向きと言っても、和室にも調和するカウチタイプは日本においては使いよう。足を置くシューズロング部分が取り外せるタイプもあるので、お客様が来た時だけスツール・オットマンのように使えば、より用途が広がります。幾通りもの使い方ができるのも、カウチタイプのいいところですね。

フロアソファーは高さが低く、素材もウレタン製のソファーが多いです。そのため、力が弱い人でもソファーの位置を移動して気に入った場所に簡単に配置できるという点が魅力的です。